児童精神科

平成28年4月より当クリニックでは児童精神科の専門外来を開設いたしました。

不登校、ひきこもり、いじめ、家庭内暴力、非行、発達の偏り、強迫性障害(不潔恐怖など)、うつ病、転換性障害、解離性障害、注意欠陥多動性障害、社交不安障害、パニック障害、思春期精神病、PTSD、「小1プロブレム」「中1ギャップ」など移行期の問題などのご相談を受け付けております。 初診時に小学校1年生から中学3年生までの方を対象としております。
検査、診断及び治療を心理士と協力しながら行っています。必要に応じて学校、各種教育機関と連携いたします。
不登校、断続的な登校、学校でうまくいかない、その他生活上の問題の背景には不安障害などの様々な疾患や発達障害など成長、発達の遅れや偏りが存在している場合があります。 また、疾患ではなくても様々なストレスで調子を崩される児童思春期の方も増えております。お子様の調子の悪さでご家族間の関係性にも影響が出て悪循環になってしまう場合もございます。
早期から医療機関が介入し、ケースによっては教育機関などと連携をとることによって、問題の積み重ねでお子さんが自信をなくしてしまうことに歯止めをかけたり、ご家族全体の疲弊の回復につなげることができることがあります。 「医療機関に相談するほどのことだろうか」と迷われる方も、困ったことがあれば遠慮なくご相談ください。

(親御さんのみの相談は、関連のカウンセリングルーム「こころのドア船橋」(外部リンクです)で受け付けております。)